SOLAS対応はクボタの計量器で! 平成28年7月1日より、海上コンテナの重量計測義務が厳格化されます。 2通りの重量計測方法が詳細に定められました。使用できる計量器が限定されました。コンテナ重量の確定を行う者は国への届出、登録が必要です。上記の定めに違反すれば、20万円以下の罰金刑に処されます。

「海上人命安全条約」(SOLAS条約)は、従前より、コンテナ重量情報の申告を義務づけていましたが、これらの誤申告に起因すると思われるコンテナの荷崩れ等の重大事故が発生していました。そこで、このほど同条約が改正され、コンテナ重量情報の正確性を期すための具体的な計測方法が定められました。(平成28年7月1日発効予定)SOLAS条約改正を受け、国内関連法令が改正施行されます。

関連法令
船舶安全法関係省令の「特殊貨物船舶運送規則」改正
同 「危険物船舶運送及び貯蔵規則」改正
「海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示」の制定

2通りの重量計測方法とは?

使用できる計量器とは?

使用できる計量器は、以下のいずれかのものに限られます。

  • 計量法に基づく特定計量器

    海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示物船舶運送規則 第4条 第1号

  • 計量器の製造事業者若しくは修理事業者が点検・調整し又は計量器を管理する者が定期的に点検・調整したもので、器差が±5%以内のもの

    海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示物船舶運送規則 第4条 第1号

クボタの計量器は計量法に基づく特定計量器です

クボタのトラックスケール、デジタル台はかり、クレーンスケールは計量法に基づく特定計量器です。

SOLAS条約に対応した信頼と安心の計量器です。SOLAS対応にはぜひクボタの特定計量器をご採用ください。

また、法定の定期検査など、アフターサービスにも万全の体制でお応えします。

基準適合証印

国への届出、登録の方法は?

コンテナ重量情報の確定を行う者は、国土交通省への届出又は登録を行い、業務手順書の備置等体制を整備しなければなりません。

荷送人自らがコンテナ重量確定を行う場合【届出】
海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示物船舶運送規則 第7条
荷送人から委託を受けて事業としてコンテナ重量確定を行う場合【登録】
海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示物船舶運送規則 第7条

届出、登録には「ポイント1」の重量計測方法や「ポイント2」の使用する計量器の記載が必要です。

罰則について

コンテナの荷送人が虚偽の質量や、法定の計量をよらない貨物の質量を船長に提出したときは、20万円以下の罰金刑に処されます。

海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示物船舶運送規則 第37条

コンプライアンスはクボタの特定計量器で確保。

トラックスケール計量器
お問い合わせはコチラ!