計測機器、検査・製造装置

Production & inspections machinery

ヘッド/ディスク浮上特性評価装置

Head-Disk Flyability System

ヘッド/ディスク浮上特性評価装置 HDF-2015
ヘッド/ディスク浮上特性評価装置 HDF-2015 製品画像

●減圧環境下において、

ヘッド・ディスクI/Fの総合的な信頼性試験を行うことができます。

(ヘッドアームに取り付けたAEセンサ出力をモニタリング)

TOPテスト: スピンスタンド内の圧力を変化させ、ヘッドがディスクに接触する圧力を計測

TOHテスト: デイスク回転数を変化させ、ヘッドがディスクに接触する回転数を計測

TOCテスト: DFH電流又はWrite電流を変化させ、ヘッドがディスクに接触する電流値を計測

LTRテスト:  スピンドルOn/OffとSeek動作を組み合わせた長期信頼性試験

SAFテスト: 減圧環境下での連続シーク試験

User-Definedテスト: ユーザが任意にテストシーケンス(動作・計測・判定)をプログラミング

TOC Cycle テスト: TOCテスト(DFH電流)の長期サイクルテスト(最大100万回)

●汎用スピンスタンドとして、以下の制御/計測が可能

< 制御 >

(1) 回転数制御

(2) 減圧制御

(3) DFH電流制御

(4) MRバイアス電流制御

(5) トラック・フォローイング動作

(6) Seek & Load/Unloadセンサ動作

   (加速/減速条件可変)

< 計測 >

(1) 気圧

(2) 温度

(3) 湿度

(4) AEセンサ出力

(5) TA

(6) Frictionセンサ出力

(7) MR抵抗変化

(8) ディスク全面のAEセンサ/TA出力マッピング

(9) Seek/Load/Unload中のAEセンサ出力、等

■ 実機HDDの部品を使用(VCM、スピンドル、ランプ…)

・実機ドライブに近い環境下でテストが可能

・コンパクト、高信頼性 & 安価

 

■ 高速・高精度な計測&制御

・圧力制御: 76-760 Torr (精度: +/- 5 torr)

・ディスク回転数: 1000rpm-15000rpm (分解能:1 rpm)

・シーク周波数: 0.0001-20 Hz

・ヘッド位置決め精度: +/- 0.1mm

・DFH電流制御: 0-100mA (最大印加電圧 10V)

 

■ 拡張性・柔軟性に優れたシステム

・最大8台のスピンスタンドを同時駆動可能。

(それぞれ異なるディスク・サイズでもOK。)

・お客様のご要望に応じて、スピンスタンドをカスタム設計致します。

 

■ 操作性に優れたソフトウエア

・最大8台の自動テスト、自動データ保存機能

・きめ細かで、柔軟性に富んだテストパラメータの設定機能

株式会社クボタ 計測システム部 計測グループ

〒661-8567  兵庫県尼崎市浜1-1-1

tel:06-6491-0859 fax:06-6491-0899

e-mail : kbt_g.keisoku@kubota.com

お問い合せ

(c)Copyright 1995-2015 Kubota Corporation. All Rights Reserved.