TOP > クボタはかり事業

事業紹介

クボタはかり事業

はかりの歴史の最先端に、いつもクボタ

1924年の「看貫」(機械式台はかり)製造以来、計量機器・計量システム業界を牽引し続けるクボタ。その歴史は日本の「はかりの歴史」そのものであり、国内はもちろん海外でも高い評価を得てきました。
そして、高精度・高安定・耐ノイズを実現したデジタルロードセル(D-LC)の国内初採用など、現在も最先端を走り続けています。

クボタ本社

クボタ本社

営業拠点

札幌・仙台・東京・さいたま・船橋・名古屋・大阪・尼崎・広島・福岡に営業拠点がございます。
くわしくはこちらをご覧ください。

ページ先頭へ