TOP > 事業紹介 > クボタの歴史・はかりの歴史

事業紹介

クボタの歴史・はかりの歴史

クボタは、1924年に「看貫」(機械式台はかり)を製造して以来、数多くの計量器機・計量システムを提供してきました。それはまさに日本の「はかりの歴史」そのものと言えるでしょう。
とくにクボタは数多くの産業用計量器機・システムを通じて、日本国内はもとより海外の国々でも高く評価されてきました。
このコーナーでは、日本のはかりの歴史を刻んできましたクボタの歴史をご紹介致します。

国内産業の幕開けとともに
1924年 衡機制作免許取得。
台はかり」「上皿さおはかり」の製造開始
台はかり
1926年 衡機部品供給営業の登録。
全国のはかりメーカーへ部品供給開始
1932年 石炭用コンベアスケール1号機を東京瓦斯(株)へ納入
1933年 ひょう量30t貨車計重機を納入
1935年 ホッパースケールの納入開始
1936年 原料定量供給ポイドメータの発売
1937年 B型レジスタ付き計重機を発売
戦後の復興を支えて
1950年 衡機部門を独自の機械式工業はかりの生産開始 焼結合金用ポイドメータ・インゴットスケール
1951年 日本初のインゴットスケールを八幡製鉄(株)に納入
1952年 バッチャープラントの設計、製作開始
1953年 焼結合金用ポイドメータ開発
1954年 C型レジスター付き計重機、ベルト速度制御型ポイドメータ開発
冷鋼片計重機、無停止式貨車計重機を開発
電子式計重機の黎明期のなかで
1955年 電子管式計重機開発 ポイドメーター海外へ輸出・ヘルスメーター・お料理はかり・自動袋詰計重機・HA型高速高精度計重装置・機械式商業用はかり・<家庭用>ベビースケール・電子式料金はかり「船出」
1956年 ポイドメーター海外へ輸出
1957年 粉乳用自動袋詰機の開発、食肉用ハンギングスケール開発
1958年 ヘルスコーダー発売、押し上げ式スラブ計重機発売
1959年 250tレードルクレーン用電子管計重機、ME-3型ポイドメータ
機械式カウンティングスケールを発売
1960年 転炉副原料配合用ホッパー計重機、親子式貨車計重機、自動袋詰計重機の開発
1961年 ブラジルへウエイングフィーダーを輸出
<家庭用>ヘルスメーター生産開始
1962年 白糖用オートパッカー
1963年 <家庭用>お料理はかりの生産開始
1964年 力平衡型メトリックスケール
HA型高速高精度(1/10000)計重装置の開発
1965年 <家庭用>ベビースケールの生産開始
機械式商業用はかり
ハイドロメーター(油圧式吊りはかり)
1966年 ウエイトセルの開発、ロータリーパッカー開発
1967年 デジタル式ポイドメータ、カム振り子式計重装置
グレインパッカー
1968年 電子式料金はかり「船出」の開発
1969年 磁気目盛使用HD型計重装置、多回転カム振り子式計重機、デジタルスケール浪速開発
本格的な電子化時代とともに
1970年 在庫管理機メモペット販売開始 EHホッパースケール
1971年 世界初電子式料金はかり MODEL15の輸出開始
1972年 ラベルプリンターの生産開始
ボンベスケール
1974年 LSI化電子式料金はかりの生産開始
1975年 電子式ベルトスケール KD-B75 開発
1976年 ミニフルオートラベルプリンタ販売開始
POS用料金はかり開発
電子式ホイストスケール開発
1977年 EHホッパースケール開発
世界最大最新鋭のモルタルプラント完成し、本四架橋建設用モルタルプラント船に搭載
ロードセルの時代へ
1978年 ロードセル式料金はかり LA-100シリーズの生産開始 ロードセル式料金はかり・ラベルプリンタP−3000・ロードセル式ベビースケール・カセットウェイティングフィーダー・耐圧型給炭機・料金はかり LBー2000・ホッパースケール用ITコントローラー・料金はかり LB-200・ラベルプリンタ付き料金はかりFP-900・耐圧爆台はかりK2EP-A・LPG充填合理化システム・バッテリー式台はかりKL−10・ヘルスコーダーHC-1・デジタル処理装置SP−31・家畜用計量機・ラベルプリンターUP−2000
ラベルプリンタ P-3000開発
マルチロードセル式トラックスケールMLC-1開発
ロードセル式ベビースケール開発
1979年 電子式台秤K・シリーズ販売開始
プリンタ付き料金はかり FP-600 販売開始
1980年 電子式指示計 KL-Dシリーズ 開発
1981年 マルチロードセル式台はかり KMシリーズ 販売開始
1982年 電子式カウンティングスケール KFシリーズ 開発
1983年 ホッパースケール用ITコントローラ
ラベルプリンター P-7000
耐圧型給炭機
粉体計量配合用MWF、CWFの開発
1984年 改良型ホイストスケール HS-D、HS-N 販売開始
耐圧防爆型台はかり K2-EP-A 開発
ロードセル式料金はかり LB-200
本質安全防爆型トラックスケール
1985年 KL-D800 指示計開発
FA用コンピュータ Fa-68000 開発
1986年 TOLEDO社向けラベルプリンタ、ラベルプリンタ付き料金はかり開発
ラベルプリンタ付き料金はかり FP-900 発売開始
LPG充填合理化システムの開発
1987年 バッテリー式台はかり KL-10シリーズ 開発
トラックスケール用 SP-31データ処理装置 開発
バーケル社へラベルプリンタ付き料金はかりOEM開始
ロードセル式料金はかり LA-300 開発
1988年 CAD事業開始
定置式LPG充填機SEA型開発
1989年 家畜用計量器ロデオテック販売開始
デジタルヘルスコーダ− HC-1 開発
ラベルプリンター付き料金はかり FP-11 開発
1990年 本質安全防爆台秤 KL-10-IS 開発
ラベルプリンター UP-2000
はかり事業からセンサ、システム事業へ
1992年 トルクデューサー販売開始 トルクデューサー・AC−AD全自動回転式LPG充填機・KL−100シリーズ・粒体異物選別機PLATON・デジタルロードセル・耐圧防爆台秤FL−EX−D・防塵防水型指示計KS−C7000・KL−100NシリーズホイストスケールHS-CD・重量指示計KS-C7200シリーズ・半自動LPG充填機S-ER-A・トラックスケール用スケールプリンタSP-200・ウェービングフィーダCE-M・防水型デジタル台秤KL-100NX-IP・粒体異物選別機プラトンU・防爆型液体充填機・本質安全防爆型台はかりトラックスケール用指示計・耐圧防爆型指示計
MC-AD半自動LPG充填システム開発
1993年 ラベルプリンター付き料金はかり FP-12 開発
1994年 リフティングスケール LF-300 開発
KL-D1000/2000 指示計販売開始
ISO9002認証取得
1995年 AC-AD全自動回転式LPG充填機開発
KL-D3000 指示計販売開始
耐圧防爆台秤 FL-EX 販売開始
1996年 KL-100シリーズ 販売開始
トラックスケール用データ処理装置 SP-300F 開発
1997年 無線式トラックスケール開発
カウンティングスケール KF-Zシリーズ 販売開始
2000年 粒体異物選別機 PLATON 開発
国内初デジタルロードセル/ロードテーブル販売開始
2001年 KL-75シリーズ 販売開始
2002年 耐圧防爆台秤 FL-EX-Dシリーズ、K2-EP-Dシリーズ 発売開始
デジタルロードセル搭載トラックスケールを販売開始
防塵防水型指示計 KS-7000シリーズ、台はかり K3シリーズ 販売開始
2003年 KL-100Nシリーズ 販売開始
連続定流量供給装置用集中管理操作ターミナル KD-T2000 販売開始
デジタルロードセル用重量指示計 KS-C7200シリーズ 販売開始
2004年 ホイストスケール HS-CDシリーズ 販売開始
トラックスケール用スケールプリンタ SP-200シリーズ 販売開始
2005年 フックスケール KL-N-HSシリーズ 販売開始
本質安全防爆台はかり KL-100NR-IS-Dシリーズ 販売開始
2006年 SK-ITシステム、機側フィーダ制御用コントロールモジュール KF-M2500 販売開始
定置式コンベア付き半自動LPG充填機 MC-AD-V 販売開始
2007年 充填機専用型指示計 KS-C7000J(非防爆型)販売開始
充填機専用型指示計 FC-EX(耐圧防爆型)販売開始
定置式半自動LPG充填機 S-ER-A 販売開始
粒体異物選別機 PLATONU 販売開始
クボエコシリーズ KL-100NX台はかり 販売開始
ウェービングフィーダ CE-Mシリーズ 販売開始
2008年 タンク・ホッパスケール用コントローラ KS-C7300-HT 販売開始
卓上型防水台はかり KL-100NX-6S-IP 販売開始
耐圧防爆型液体充填機 KKC-20SKV-EX 販売開始
本質安全防爆型台はかり KL-100NX-K-IS-D 販売開始
2009年 トラックスケール用指示計 SP-500 販売開始
耐圧防爆型指示計 K2-EP-E 販売開始
フィーダ用コントローラ KF-C3000 販売開始
ページ先頭へ